<   2006年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

次回のライブです!

「JAM LAB.」
2006.08.24 (thu)
open 19:30/start 20:00/
charge 2,500yen
Miles Cafe 03-5951-6807
http://www.milescafe.com/

Jam = ぎゅうぎゅうづめにした、ごちゃまぜにした。
Lab = laboratory 研究室、実験室。
デジタルにつくりこまれた音と、即興で繰り出される生のインストゥルメンタル。プレイヤーとオーディエンス、音楽と映像、様々なジャンルを融合し、誰もが体言できる実験的で研究室のような空間を創造する。


◆ ChapterⅠ【 Five Colors 】 20:00
視覚から得る色の情報が、音楽を発信する側と受信する側にどのような影響を与えるのかを実験します。色で支配された空間が、演奏する側にどのような影響を与えるのか、また色で満たされた空間が、聞き手にどう作用するのか。プロジェクターから映し出される異なる5つの色の中で、それぞれの色に触発されながらセッションを展開していきます。
身に着けている洋服の色で精神状態が左右されたり、色によって暖かさや冷たさを感じたり、鮮やかな色の食物を見て食欲をそそられたり、毒々しい色を拒絶したり。
色が視覚や感覚や味覚や嗅覚に様々な影響を与えるように、聴覚にもどのような影響を与えるかを実験します。

■モノトーンの映像と、様々な声のサンプリングの上での即興演奏。
■黄色で満たされた空間の中での、タップダンスをメインとした即興演奏。
■青色で満たされた空間の中での、mute trumpetを基調とした即興演奏。
■緑色で満たされた空間の中での、DJと打楽器による即興演奏。
■赤色で満たされた空間の中での、ジャンベとスクラッチにタップダンスとトランペットをのせた即興演奏

【類家心平】 Trumpet
【田中啓介】 bass,vj
【よしうらけんじ】 percation
【サーロ】 tap
【ryohei】 dj

◆ ChapterⅡ 【 Landscape Jazz Orchestra 】 21:30
何処かに存在するであろう壮大で未知で心地よく、時間の経過や現実に縛られない永遠の空間。そんな場所への旅情を、洗練された音と映像で表現するコンテンポラリー・エレクトリック・ジャズユニット。エレクトロニカとジャズ、音と映像、アーティストとオーディエンス、現実と非現実。相反する要素の融合を試みる実験的で創造的なLIVEは、至って自然な”今を生きるJAZZ”のカタチ。
アンビエント、エレクトロニカ、ハウス、などの要素を多分に含んだトラックに、エフェクトの効いトランペットとパーカッションを混ぜ、音楽的、音響的な効果を最大限に増幅させる為、VJによってリアルタイムで変化する映像を視覚的情報として提供します。
誰もが漠然と描いている、現実から開放された未知の風景を、より具体的に想像する為の音楽。
また、ペインターによって、その場で起こっている全ての情報を集約してキャンバスに変換する作業を同時進行させてきます。音や映像に触発されて発生する様々な感情を、あえて二次元の世界で再構築させることで、瞬間的な感情をパッケージすることが出来ます。演奏が終わると同時に、それぞれが頭の中で創り上げた想像の作品と、リアルなキャンバスの上の作品が完成します。
四枚のバラバラに描かれたキャンバスを合わせると、一枚の大きな絵が浮かび上がります。
【類家心平】 Trumpet,electronica
【田中啓介】 vj
【よしうらけんじ】 percation
【こだまこずえ】 live painting
                                                 http://sound.jp/lsjo/
[PR]
by tanaka285 | 2006-07-23 00:07 | schedule